用語

今作にも登場する新しい用語が沢山出てきているが、その中でも特に作中重要となる用語に関して、ピックアップして説明していく。

DSO (Division of Security Operations)

レオンとシェリーが所属する大統領直轄のエージェント組織で、2011年にバイオテロから国家を守る組織が必要と判断したときの大統領アダム・ベンフォードの指示により設立された。子の機関に所属するエージェント達は様々な組織から選抜されており、国家ならびに大統領のために戦う彼らの行動は『絶対的な正義』としてみなされている。設立当初から所属しているレオンら、DSOのエージェントの挙げる働き、成果は凄まじく、設立から経った2年で大統領の剣と評価される。

FOS (Field Operations Support)

レオンらが所属するDSOを、また世界中に散らばる合衆国エージェントの統括及び、サポートを行なうオペレーターの連携を強化することを目的としており、2011年にアダム・ベンフォードが設立し、レオンやハニガンも設立に関わっている。

B.S.A.A. (Bioterrorism Security Assessment Alliance)

クリスやピアーズが所属する国連の対バイオテロ部隊。

‘アンブレラ社の瓦解によって拡散した生物兵器が世界中でテロに悪用される'という事態に直面した成約会社の組合『製薬企業連盟』が批判逃れを目的として協同で資金を供出し、結成されたのが始まりとなり、のちに国連の公的組織として認定された。欧州に本部を構え、世界各地に支部を持ち、バイオテロの情報収集・予防・制圧を主に行なっている。予想外の事態で派遣部隊が危機的状況に陥ったり、全滅という結果になっても、撤退命令ではなく増員を送るなど、隊員の人名よりも作戦の完遂を優先する傾向にある。

隊員は実戦部隊と、通称『エージェント』と言われる情報収集を目的とした諜報活動を行なう2種類に分けられている。前作『5』ではクリスはエージェントして活動していたが、『6』では実戦部隊の隊長として、イドニア共和国の戦場へと赴いていた。

USSS (United State Secret Service)

ヘレナが所属しているアメリカのシークレットサービスで、主に大統領の警護を担当している。

バイオテロの際は、シモンズの命により、わざと警護の網を緩めてしまう。

イドニア反政府軍 (Edonian Liberation Army)

ジェイクが雇われていた武装組織で、反政府側の主要な武力派である。

イドニアは1980年の後半に、民主化を果たすも内政は乱れ、混乱は実に20年近く続いていた。そんな中で軍部によるクーデター事件が発生し、それをきっかけとして、政府が結束し、混乱はようやく収まりを見せる。

クーデターを起こした軍部は壊滅状態にまで追いやられるも、過激派は反政府軍となって抵抗を続けており、周辺諸国の不安定な状況に便乗して、更なる混乱を招く。またイドニアの貧困層が暴徒化したことにより、事実上の内戦状態になってしまう。

その状況を好機と見た、エイダに成り代わっていたカーラによってC-ウィルスの実験場として、バイオテロが引き起こされてしまう。反乱軍はジュアヴォに変異し、そこへB.S.A.Aが内戦に介入したことにより、状況は激化の一途を辿る。

ウィルス散布の後は、ネオアンブレラの私設部隊同然のように動き回っていた。

ファミリー (Family)

シモンズの一族が創設した組織で、『世界の安定』を目的にし、莫大な財力と世界中に散らばる組織のネットワークを利用して、世界の裏側から暗躍していたといわれている。現在の当主はディレック・C・シモンズが事実上の長として先導している。

ここで述べられている『世界の安定』というのはあくまで『シモンズ家にとって最も都合の良い世界』ということが念頭にあるため、世界平和を謳っている組織ということではない。

現在ではアメリカを頂点とするピラミッド型勢力図こそが安定であるとされ、それを崩そうとするものは在任として、大統領であろうと国であろうと容赦なく断罪する。その手段としては方法を選ばず、たとえ民間人や無関係者が巻き込まれ犠牲になろうが意に介することなく実行する。

さらには組織の内部に対しても冷徹な方針が徹底されており、シモンズが強化型C-ウィルスで怪物化したのを確認した途端、ファミリーの構成員達は即座に新しい長を決め、シモンズをあっさりと見限ってしまう。

C-ウィルス (C-Virus)

カーラ・ラダメスによって開発された、物語本編の半年前にイドニア共和国でその存在が確認された新種のウィルスであり、劇中最大の元凶。始祖ウィルスから抽出した『DNAを変異させる特性』にT-Veronicaを組み合わせた『t-02』に、シェリー・バーキンから採取したG-ウィルスを合成させたことにより、感染者は知能を保ったままの肉体変異を可能としている。感染者は変異の過程で蛹化し一旦活動を停止するが、その中ではさらに激しい変異が繰り返されており、その後完全体となり姿を現す。生命活動が停止した場合は体が燃え上がり灰化する。本編終盤にはジェイクの地を混合させた強化型C-ウィルスが登場し、蛹化の過程を得ずに肉体が変異し、驚異的な不死性を備える。また知能の低下が見られないなどの特徴がある。ウィルスは強靭な精神力があれば制御することもできる。シモンズはレオンたちへの復讐心から何度炎にまかれようとも変異を繰り返しながら襲い掛かるが、自我や知能の喪失が見受けられず、ピアーズは肉体が侵食されながらも最期まで理性を保っていた。強化型C-ウィルスは生成が難しく、おまけに生成方法はカーラ・ラダメス以外知るものがいない。

ネオアンブレラ (Neo Umbrella)

事件の最中に突如として浮上した壊滅したはずのアンブレラの名を冠する組織。最終目的を‘混沌’と称するその志向からハニガンはテロリストの集団と判断していた。

構成員は、シモンズに裏切られて、彼が作ったと思い込んでいる世界を壊そうと目論んだ元カーラ・ラダメスだった人物『エイダ・ウォン』を筆頭に、彼女の部下である研究者に続いて、戦闘要員としてジュアヴォで構成されていると見られている。

彼らの最初活動はイドニア共和国でのない戦時のウィルスばら撒き事件で、ジェイクやクリスたちの目の前に立ちはだかる。

物語の終盤には、首謀者であるカーラの死亡と同時に、組織事態が壊滅するのであった。

話題のゲーム
当社があなたをサポートします!設備が充実した住宅をたくさんご用意!尼崎 不動産のお部屋探しは当社で!
最新情報

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る